あの時夕日に染まった泰衡の横顔は悲しくて、それなのに愛い。
泰衡はまだ若すぎるのだ。
この世に来て30年も経たず、「生」の楽しみも苦しみも味わい始まったばかりの子が自分がこの歴史にあるの役割を果たせねばならないのが、残酷すぎる現実だ。

だが泰衡は役割を受け止めた、自分の「死」も、義経の「死」も。
その時あの人の輝いた目も、輝いた涙も、三日月はその瞬間自分が永遠にあることの意味をなんとなく分かった気がした。
形見として、骸として、千年見守って来た歴史をこの手で守る。
引き換えに手に入れたこの身で。

评论(3)
热度(11)

食肉饼

©食肉饼
Powered by LOFTER